アソウ・システムソリューション独自のサービスはこちら

RPAとは

ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation, RPA)の略語で、主にホワイトカラー業務を、PC内で稼働するロボットによって効率化・自動化することを言います。
様々な技術を用い、人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われています。
人間と同じように、様々なアプリケーションを横断的にPC自身が操作することから、人間が行う定型作業を自動化し、作業効率の改善や、生産性向上、ヒューマンエラーの防止等に役立ちます。
アソウ・システムソリューションでは、NTTアドバンステクノロジ株式会社が開発したWinActor®を採用し、貴社の課題を解決します。

※WinActor®はNTTアドバンステクノロジの登録商標です。

WinActorとは

WinActor®は、NTTグループにより開発・利用されてきた長い歴史と豊富な導入実績に裏打ちされた機能を備えた純国産「RPA」ソリューションです。端末上のアプリケーションの操作を学習し、自動実行します。
利用できるアプリケーションに制限はなく、あらゆる業務を自動化します。自動化は「シナリオ」を作成することで行います。
シナリオの作成も容易で、プログラミングの知識は不要、情報システム部のようなIT部門でないユーザでも簡単に自動化が可能です。
そのため、業務改善のタイミングやシチュエーションは問いません。
ロボットに定型処理を任せることで、本来の業務や新規ビジネスに専念することができます。

※WinActor®はNTTアドバンステクノロジの登録商標です。
※株式会社アソウ・システムソリューションは「WinActor®」の正規販売代理店に認定されています。

こんなシーンで活用できます

rpa

コピー・ペーストに費やす時間、月に何時間ありますか?

Excelに入力されているデータを、社内システムに転記。1件1件は数秒でも、その積み重ねは膨大な時間に積みあがります。
RPAはこのような「作業時間」を劇的に短縮します。

稼働時間を大幅に短縮

rpa

複数のアプリケーションの連携も自動化できます。

「Excel」上の住所を「ブラウザ」で検索。出てきた画像の地図データを「ペイント」で加工し、「Word」上で一つの書類へとまとめる。
RPAはこのような、複数のアプリケーションをまたいだ連携が可能です。

コア業務をノンコア業務へ

rpa

データ分析、加工、配布

既にお使いの社内システムから、データのダウンロード&サブシステムへのアップロード。出力される分析データを、指定の書式に加工し、指定場所に頒布。
RPAなら、このような一連の作業の自動化も可能です。

作業漏れやミスを軽減

アソウ・システムソリューション
独自のサービスについて

サポートの際にお預かりした情報の保護について

アソウ・システムソリューションは、日本工業規格「JIS Q 15001 個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に基づいた基準に適合し、プライバシーマークを付与されています。
当社では、業務においてお預かりしている個人情報を含む非公開情報の保護を重要な責務と認識し、社会的に重要度が増している個人情報保護の管理の徹底に努めております。

トライアルのお申込はコチラ

必要事項を入力のうえ、「確認」ボタンを押して下さい。

会社名必須 必須
ご担当者名必須 必須
郵便番号
(例:810-0001)
住所必須 必須
電話番号
(例:0927259800)必須
必須
メールアドレス必須 必須
内容必須 必須
お申込み詳細
以下の個人情報の取り扱いについて同意の上、お申し込みください。